お葬式について

柏原画像
葬儀の流れのなかで弊社がサポートさせていただく内容をご紹介
します。皆様のご意見を伺いながら、的確なアドバイス・提案を
いたします。葬儀以外にも、皆様のお力になれるように配慮いたし
ますので、ご不明な点はご相談ください。

葬儀・告別式までの流れ

ご逝去 
24時間の受付対応/寝台車の手配/病院等へのお迎え
 

車の画像

ご遺体の安置
ご自宅または安置室への移動・安置/ご遺体の処置/枕机などお参りの準備
 
葬儀の打ち合わせ
宗教者のご都合・日程の調整・確認/会場・火葬場のご提案・確認・予約
/葬儀の日程や会場・段取りを決定/役所手続きの代行
(死亡診断書・印鑑のお預かり)/各種手配(料理・返礼・写真等)/原稿
(遺影写真)のお預かり/見積書の提示
 
納棺
副葬品の選別(棺にお納めいただくご愛用のお品物)/お棺の手配/
ご納棺の準備・日時の設定/旅支度・立会・進行
 
通夜
会場の装飾・式典の準備/供花・供物等の飾り付け/お名札の確認/
式典のリハーサル・受付の説明/司会・進行・通夜の運営/参列者へのご案内/
返礼品の手配・管理/料理・お飲み物の手配/宗教者のご案内(対応)
アフターフォロー
 
葬儀・告別式
葬儀・告別式のスケジュールの確認・準備/葬儀・告別式の会場準備/参列者への
ご案内(対応)/宗教者のご案内(対応)/弔電・弔辞者の確認・サポート
/司会・進行・葬儀の運営/遺族・親族のサポート/車輌の手配・確認/
火葬場の手配・確認/火葬中飲食の手配・確認・準備/料理の手配・確認
 
初七日(還骨)
法要会場の準備・片付け/会食(精進落とし)の準備・配膳の手配/法要・
会食の進行・ご案内/供花・供物等のご自宅への配送/ご遺骨をお飾りする
中陰段の設置
 
法要・会食
葬儀後の諸手続等の説明/仏壇や位牌等の説明・案内/法要のサポート/
香典返しの説明・案内

さまざまな葬儀のスタイル

Point:葬儀は、参列者の人数や葬儀に対する考え方によってさまざまな
スタイルに分かれます。 ここでは規模の違いによる一般的な分類をご紹介します。

家族葬・密葬
家族葬は、家族やごく近しい親類・友人のみで行われる葬儀です。気心の知れた方々のみで行うので、落ち着いた雰囲気のなかでお別れができます。参列する人数によっては自宅を式場として行うことも可能です。密葬は本来内々で行う葬式のことでしたが、最近では社葬など大規模な葬儀を行う際、混乱を避けるため事前に行う葬儀のこととして用いられるケースが増えています。
家族葬の画像

本葬・一般葬
いわゆるオーソドックスなお葬式のこと です。規模の大小はありますが、もっと も多くの方が選択されるスタイルです。 親族だけでなく、故人とつきあいのあっ た友人・知人やご近所の方などに訃報をお送りし、弔問においで いただき、その方々に対して生前のお礼を申し上げます。
一般葬の画像

社葬・団体葬
企業や団体が主催する葬儀で、会社に貢献した故人の功績を称えます。社葬には、役職交代を伝える広報活動としての意味合いもあります。個人葬に比べて規模が大きくなりますので、運営に関して専門的な知識がより必要となります。
社葬の画像

上記で取り上げた以外にも、宗教・宗派による違い、葬儀に対する考え方の
違いなどによってさまざまなスタイルがあります。詳しくは弊社専門スタッフまで
ご相談ください。
香典・供花・供物について、受け取るかどうかを決めましょう。

日程の調整

Point:まずご遺族・ご親族の予定を確認し、候補日をいくつか選びます。
次に宗教者や式場・ 火葬場のスケジュールを確認し、葬儀の日取りを決定します。

    日程の調整画像
注意:式場を決める際は、日程だけでなく参列者の数も重要です。
民間火葬場併設の式場では友引でも通夜は行えますが、ご火葬はできません。
公営の火葬場の中には、例外的に友引の日にご火葬ができる斎場もございます。
会社関係者・取引関係者の参列者が多いときは、日曜日は避けたほうがよいで
しょう。 喪主が海外にいる場合は、帰国までの日時も考慮します。

会場探し

Point:日程や人数の見通しがついたら会場を探します。会場の空き状況はもちろん
ですが、規模と予算に見合った会場なのか、また予想される参列者に対して交通の
便は良いかなどをバランスよく配慮して会場をお選びください。

    会場探しの画像

火葬場関係

火葬場の画像
火葬場の画像
火葬場の画像
最 上 等(大人)
¥59,000(非課税)
町屋・落合・代々幡・
四ツ木・桐ヶ谷・堀ノ内
(小人)
¥32,300(非課税)
特 別 室(大人)
¥107.500(非課税)
(小人)
¥54,500(非課税)
特別殯館(大人)
¥177.000(非課税)
町屋・落合・
代々幡・桐ヶ谷
(小人)
¥104,000(非課税)

火葬場には民間と公営の二種類があります。一般に、民間の火葬場はサービス内容や 利便性に優れます。公営の火葬場は価格が安いことが特徴ですが、火葬にかかる時間 が民間の1.5倍ほど長くなります。
弊社では特にご要望がない限り、空き具合と式場からのアクセスの良さを優先して火 葬場の候補をご紹介しております。

    火葬場の画像

訃報のお知らせについて

Point:予定している葬儀の規模に応じて訃報の流し方も異なります。
地域の掲示板などに告知する場合も、特別な注意が必要です。
いずれのケースでも、余計なトラブルを避けるよう注意しましょう。
電話連絡かファックスでの通知が一般的です。

家族葬・密葬
家族葬の場合、家族以外に誰を呼ぶのかが難しいので、事前に確認して
おくとよい でしょう。
密葬は遺族のみでひっそりと行うため、香典や供花を辞退するケースもあります。
(訃報を流す場合には、想定外の方に連絡が行かないよう心がけます)

本葬・一般葬
ご友人や会社関係者に対しては、もれなく通知が行き渡るよう、ファックスや電話連絡にてご通知ください。
その際、さまざまな方からお悔やみの言葉が頻繁に入る可能性がありますので、
ご自宅等の連絡先を明記するかどうかを選択してください。

社葬・団体葬
大型葬の場合、開催費用や運営責任を負う「施主」は企業・団体がつとめ、
「喪主」を遺族がつとめるスタイルが一般的です。
訃報も社会的に幅広く流す必要があるため、施主の担当部署が出欠の確認から
参列者名簿・座席表にいたるまで一括して取り仕切るのが主流です。

   

忌中紙について

Point:忌中紙とは、玄関に貼る「忌中」と書いた紙で、不幸事をお知らせする
ためのものです。
個人情報の観点から、取り扱いには注意しましょう。

忌中紙は本来、不幸事を知らせるためのものでしたが、最近はあまり見かけなくなりました。その理由として以下のようなことが考えられます。

1. 家族葬の増加
身内のみで葬儀を行うケースが多くなり
不要になった。

2. 情報伝達手段の発達
携帯電話やメールが発達し、玄関に忌中紙
を貼る必要がなくなった。

3. 空き巣に入られやすい
忌中紙のなかには式の日時を記載したものもあり(自宅が留守になる)、この時期は香典が集まりやすいので、忌中紙を貼ると空き巣に入られやすくなる。
以上のような理由から、都市部では忌中紙を使わないのが一般的です。
町内の掲示板などに訃告を告知する際も
ご注意ください。


葬儀当日までに必要な処置

Point:葬儀当日までにご遺体の保全処置はしっかりと行う必要があります。最期のご対面時に故人を美しく清らかに送り出すために必要不可欠なものです。

ドライアイス
ご遺体を最適な状態で保つには保冷施設をご利用されることをお勧めします。
しかし、ご自宅での安置など保冷施設が利用出来ない場合はドライアイス
(持続時間は 24 時間内)を使用いたします。
ドライアイス処置の場合ご遺体の状 態や気温が高い夏場など保冷効果が下がる
こともございます。
そのような時は、 早めのご納棺で対処しております。
*ご葬儀当日(お通夜)までは、弊社係員がドライアイスのご処置を
毎日させていただきます

ラストメイク
「寿命を全うされた故人を美しく送ってあげたい」そんなお気持ちを弊社が
サポートさせていただきます。
故人(ご遺体)になられると、時間とともに姿や表情が変わってしまいます。
私たちのラストメイクサービスは、ご遺族が「思わず声を掛けてしまいたくなる
ような」メイクアップを施し、送られる方、送 る方に喜んで頂けるようなサービス
に努めております。
専門スタッフが、経過時間とともに変わってしまう姿を予測してメイクを施します。

メイク画像

湯灌について

Point:湯灌とは、現世での汚れを洗い清めるように沐浴をし、来世への安らかな
旅立ちを願う儀式です。

湯灌
故人の方の生前の苦しみや痛みなどを、納棺前に湯水でぬぐい清める儀式です。
また、一説によると湯灌とは来世で生まれ変わるための準備だともいわれて
おります。
湯灌は 2 畳ほどのスペースがあれば十分行えます。
高層マンションのような場所でも対応しますのでご安心ください。
所用時間は1 時間 30 分ほどです。
弊社では、特別仕様の車輌でお伺いし、経験豊かな専従スタッフが真心で
お手伝いさせていただきます。

湯灌画像
湯灌画像

葬儀費用の仕組みについて

葬儀の費用は複雑でお客様にとって非常にわかりづらいものとなっております。
お葬式の相談窓口では、 総額費用でお見積りをご提示し、 追加費用の不安がなくなるように努めています。 ご不明な点がございましたら何でもご質問ください。

ご葬儀プラン
祭壇を中心としたお葬式を行うための必要な物品費用となります。
タウンセレモでは、お葬式のプランに必要なサービスを極力全て含んだわかりやすく、料金明朗なプランをご用意しておりますので、 ご安心ください。

葬儀費用の仕組み


お葬式の費用は大きく以下のように分けることができます

立て替え費用

ご葬儀関係 (式場使用料 ・ 火葬料金 ・ 車両費)
寝台車 ・霊柩車の料金は距離に応じて変動する費用となります。
火葬料は火葬場の運営元にお支払いする費用となります。
また、東京のお葬式の場合、式場使用料は貸し式場で行う
場合が多く、どの葬儀社を選んでも費用は変わりません。
ご葬儀関係

飲食費
ご家族 ・ご親族で故人様を想い起こしながらお食事を
召し上がって頂きます。お通夜の後のお食事や火葬場での
昼食代、精進落しの会席料理などの費用となり、人数により
変動する費用となります。
飲食費

返礼品
お通夜やご葬儀にお越しいただいた方にお渡しする品物
です。
会葬者の人数によって変動しますが、余った商品はご返品可能でございますのでご安心ください。
返礼品

その他 (供花 ・ 供物など)
お寺様へのお礼となります。 各秀派、ご寺院様によ って費用は異なりますので、予めお寺様、もしくは 檀家総代様にご相談されておくと大体の金額の目安がつきます。
また、お葬式の相談窓口でお寺様をご紹介することもできますのでご安心ください。
(紹介の場合は事前に料金をお伝えすることができます。)
供花・供物

お支払について

◆葬儀費用について
葬儀費用については、「葬儀当日のご精算分」と「葬儀後のご精算分」
がございます。

1. 葬儀当日のご精算分
式場の使用料や寸志など、事前にお預かりする費用です。
費用の詳細は見積書作成時にご提示いたしますので、お通夜の前までに現金を
ご準備ください。

2. 葬儀後のご精算分
葬祭費用や飲食費などの変動費用については、ご葬儀後のご精算となります。
お見積書の立替金については、当社で一度お立て替えし、後日まとめてご請求
申し上げます。
請求書到着後1週間を目安にお支払いください。

◆葬儀費用のお支払い方法
a. 現金でのお支払い
葬儀を終えたあと、請求書を発行いたします。 集金にお伺いしますので、
葬儀終了後1週間を目安にお支払いください。
引き換えに各領収書を発行いたします。

b. 口座振込みでのお支払い
葬儀を終えたあと、請求書を発行いたします。 請求書到着後1週間を目安に、
当社指定の銀行口座にお振込みください。 入金確認後、各領収書を
郵送いたします。
その他のお支払い方法については、打ち合わせ時に担当者へご相談ください。

 支払画像

返礼品・香典返し

 返礼品画像
通夜や告別式に弔問に訪れた方に、お礼の気持ちとして礼状とともに渡す品物です。

1. 会葬返礼品
香典の有無に関わらず、すべての会葬者に渡します。

2. 香典返し
香典をもらった方にお礼として渡します。 葬儀当日に渡す「即日返し」と、忌明け(四十九日)に郵送する「忌明け返し」があります。 従来は、通夜・告別式へ訪れた弔問客全員に会葬礼状と返礼品 (500〜1000 円 ) を渡し、香典をいただい た方には忌明け(三五日あるいは四九日)を待って香典返しを発送することが慣習でした。忌明け返しをす る場合は、半返し(香典額の半分、二分返しともいう)や三分返し(三分の一を返す)が一般的です。 最近では、忌明けの返礼の煩雑さや渡し損ねを防ぐために、葬儀当日に、香典の額に関わらず、3000〜5000 円程度の品物を返す「即日返し」が増えてきています。

返礼品の2つのパターン
 
連名の場合は人数分、グループ・部署一同などの場合は一つ分お渡しするのが基本です。
礼状について
後返しの場合は葬儀当日と香典返し用に礼状が必要です。
当日返しの場合は葬儀当日の一度で兼用します。

お香典と返礼品の渡し方の関係

A 会葬者全員(預かり香典も含め)に渡す方式
香典の有無に関わらず、会葬者全員に返礼品を渡します。(両日ともに)
お香典を預かってきた方に関しては、その方の分も渡します。(基本形)

B 通夜・告別式での重複を避ける方式
通夜と告別式の両日とも会葬した方には二重に返礼品を渡すことになるので、
通夜はAの方式で渡し、告別式は香典と引き換えにするなど、だぶらないように別の品に変える。

C 香典とひきかえで渡す方式
お香典を持ってきた方だけに返礼品を渡します。
当日返しはこのタイプです。

D 香典を辞退する方式
お香典の受け取りを辞退し、会葬者に対し返礼品を配るやり方。
返礼品画像

お料理について

お清め(通夜振る舞い)

料理画像 通夜の後には、故人への供養と弔問客へのお礼として、酒食でもてなす「通夜振る舞い」を行います。一般に、お酒・ビール・ジュースなどの飲ものと、握り寿司やサンドイッチ・オードブルなどを準備します。直前まで人数が予想できないため、料理は盛り合わせの大皿料理になります。もとも とは精進料理(煮物・精進揚げ・巻寿司など)を振る舞う習慣で、また、どの範囲の弔問客まで用意するかも地方によって違いがあります。関東では、親族だけでなく一般会葬者にも振る舞うことが一般的です。
料理画像 ●数量の目安
通夜料理の数量は、親族・一般参列者・お手伝いの予想人数から算出します。親族・お手伝いの方の料理は人数分、一般参列者は想定人数の7割がお清めの席に立ち寄るとして、さらにその7割位の数量(=想定人数の約5割)にするとちょうどよいでしょう。

 

精進落とし料理

料理画像

精進落とし料理とは、葬儀終了後、親族や世話役・お手伝いをしていただいた方に感謝の意をこめて振る舞う料理です。会席料理や幕の内弁当などを人数分用意します。宗教者を上席、遺族を末席にして座るのが一般的です。喪主や世話役の挨拶、宗教者の話のあと食事をとりますが、特に決まった形式はありません。
精進落としは、「忌中ばらい」「精進落ち」「精進上げ」とも呼ばれます。
この風習は地域によって差があり、ある地方ではこれをお斎と呼び、招かれた人はお斎科を別個に持参します。もともとは「肉食を避け精進した中陰の期間(四十九日間)に区切りをつけ、日常生活に戻る」という意味合いがあり、肉や魚が多く振る舞われました。現在では、火葬や告別式の後に宴席を設けることが多いです。仕出し料理店では、一人分四千円ぐらいから会席料理を用意をしています。
また、ホテルや日本料理店などで受け付けているところも多くあります。

お通夜時に人数確認を
精進落としの数量は、お通夜のときに火葬場まで行かれる人数を把握して
発注します。
一度発注した数量を減らすことはできませんので、できるだけ正確な数量で
ご発注ください。
最終的な数量は火葬場での人数を当社担当者が確認して発注します。
その際、多少の追加は可能です。

   料理画像

宗教者について

1:お布施の費用について
一般的に葬儀の際のお布施は、通夜・葬儀の読経や戒名(法名)の対価と捉えられがちですが、本来は、それ以外に故人やご先祖様への供養・お墓の管理など、その全てに対するお礼にあたるものです。 そういったことから、お布施の料金は様々で決まりはありません。
ではどのようにすればよいのでしょうか。
 
菩提寺のある場合
葬儀のお布施は、お寺の格式・地域・戒名、檀家とお寺とのお付きあいの度合いなどによって異なります。
その為、相場がわからずいくら包めばよいのかわからないという檀家様がほとんどです。
心積もりされたい場合、各お寺様ごとに考え方がありますので、まずはご住職にお伺いをたててください。
その上で不明な点がおありでしたら、弊社にご相談ください。
状況をお伺いしてアドバイスさせていただきます。
 
菩提寺のない場合
喪家様のご宗旨を確認の上、お布施の金額を提示しご希望に添ったお寺様を紹介いたします。
弊社でご紹介するお寺様は、葬儀後の法事やその他仏事に関する相談事にも丁寧に対応していただけますのでご安心ください。
神道の喪家様には神主さまのご紹介もいたしております。
宗教者に対してましてはいずれの場合も、お布施(御礼)のほかにお車代
(五千円〜)
・御膳料(五千円〜) をお渡しするのが一般的です。
 
2:お布施の渡し方

葬儀のお布施を渡すタイミングとしてもっとも丁寧とされているのは、ご葬儀後に
お寺へ出向き、菓子折などをそえてお礼かたがたお渡しするというものですが、
最近の傾向としましては、お通夜やご葬儀の開式前や閉式後、宗教者へのご挨拶時
にお渡しいただくケースが増えております。
いずれにしましても、これといった決まりはございませんので、弊社では状況に
応じてタイミングを計り喪家様にお声がけするように心がけております。
また、その際の正しい作法とされているのは、直接手渡すのではなくお盆、
切手盆に載せてお渡しするものとされています。
お盆は弊社で準備しますのが、お寺等で用意がない場合はふくさのご利用を
お勧めします。

                                   お坊さん画像

▲ページトップへ